ドローン空撮依頼のコツ

冬の海と砂浜とドローンのなんかいい感じの写真です。

ドローンで空撮したい!だけどどこに依頼すればいいの?

そんな方のために、ドローン空撮業者を選ぶ際のコツを3つまとめてみました。

なにを撮るのか What?

動画 Video

風景 Landscape

飛行船のようなゆったりとしたカメラワークであれば誰が撮影しても大差ありません。機体のカメラの性能で選びましょう。4K 60fps、3軸ジンバル以上なら満足できるはず。

まてまて。「4K 60fps、3軸ジンバル」って何さ。

4Kとは「めっちゃ画像が綺麗」ということです。細かく言うと画素数(ドット数)が3840 × 2160で、フルハイビジョンの約4倍の画総数です。8Kって言葉も聞こえてきてますが、まだしばらくは4Kが日常の最高画質でしょう。

60fpsとは「数字が大きいほど滑らかな映像」ということです。30fpsは1秒間に30枚、60fps1秒間に60枚の画でパラパラ漫画を作ってるようなものです。ほら、数が多いほど滑らかでしょう。見比べると一目瞭然ですが、同じ画素数でも30fpsだとちょっとカクカク、60fpsだとヌルヌルした印象です。

ジンバルとは「手振れ防止機能」です。蕎麦屋の出前バイクの荷台がバイクがどんなに揺れても蕎麦が安定した位置に保たれているように、機体がどんなに傾いてもカメラをブレさせずに保つ機能です。つまり3軸ジンバルだとパン(水平・左右)、ティルト(垂直・上下)、ロール(回転)でとっても安定したブレなくて滑らかな映像が撮れますよ。

被写体が動く Moving subject

被写体の動くスピードと、引きか寄りかで変わります。サーフィンやバイク競技などスポーツモードで追跡が必要であれば機体の最大速度とパイロットの経験と技術が必要ですが、引きで捉えられるものや寄りでも人が走ってついていける程度のスピードであれば機体のカメラ性能で選ぶと良いでしょう。

いずれにせよ「滑らかな映像」が希望なら60fpsは必須でしょう。

被写体の位置固定 Subject not moving

静的にゆったりとしたカメラワークであれば風景と同じく誰が撮影しても大差ありません。躍動感をつけたとしても機体の性能が良ければ誰が撮影してもカメラワークのセンスの差程度です。

4Kならゆったりとしたカメラワークであれば30fpsでも満足いくかもしれませんが、その場合は60fpsと見比べてはいけません。躍動感のある映像は60fpsの方がいいかなと思いますが、カットのイメージ次第では機体の最高速度にも注目したいところ。

写真 Photo

ビデオカメラで写真を撮るようなものなので、自然光の撮影であれば機体のカメラの性能や画素数で選びましょう。ズームのできる機体もあります。4K動画から切り出すことも検討しましょう。

どこで撮るのか Where?

屋内 Indoor

屋内での撮影は障害物の有無や広さ、撮影ルートにより機体のサイズが限られてきます。ドローンレースやマイクロドローン、目視外飛行に慣れたパイロットに依頼するといいでしょう。

現場の状況によりATTIモードという安全のための機能を切る必要があります。特に障害物センサーが切れることでぶつかるリスクを負います。そのため、ぶつかっても痛くなくて壊れにくいマイクロドローンや経験豊富なパイロットを選ぶ必要があります。

屋外 Outdoor

天候や風、地形により機体が変わりますが、DJI社のPhantomやInspireなら心配ないでしょう。

ただし、あまりにも風が強いとどんなにジンバルの性能が良くても、どんなにホバリングの位置を安定させる性能が優れていても機体が風に煽られて、流されたり傾いたりして安定した画が撮影できない可能性があります。

なぜ撮るのか Why?

記録 Record

記念撮影や全体像の記録など、引きや俯瞰した撮影ならば誰が撮影しても大差ありません。機体のカメラ性能で選びましょう。4K 60fps、3軸ジンバル以上なら満足できるはず。

PV、映画 PV, movie

日中、屋外で被写体の位置が固定されていたり、走ってついて行ける程度の動きであれば誰が撮影しても大差ありません。夜間、屋内、激しく動く被写体を躍動感たっぷりに撮影したいのであれば、経験と技術がしっかりしたパイロットに依頼しましょう。

調査 Survey

調査の種類にもよりますが、赤外線モニターなど特殊な機材が必要であれば専門業者に依頼しましょう。

まとめ Summary

つまり、ドローン空撮といえど地上カメラマンと同じく、特別に技術が必要な撮影でなければパイロットの撮影のセンスとお客様との相性です。よくある構図の空撮は機体の性能が同じなら大差ありません。

誰が撮影しても大差ないもの Easy

風景/被写体の位置固定/被写体がついて行ける程度に動く/記録

技術が必要なもの Difficult

屋内/目視外飛行/夜間飛行/被写体が激しく動く/躍動感のあるカメラワーク/調査

いかがでしたか。少しでもドローン業者を選ぶ際の参考になれば幸いです。

空撮ブログ

ハワイといえばマウイ島・ワイキキ。だけど日本人が多くてイマイチ海外気分に浸れない。静かに自然を楽しみたい。

ということで、あまり日本人に遭遇しない絶景スポットをご紹介します。

ココヘッド

上空から撮影したココヘッド

入場無料。駐車場手前の公園(野球場やテニスコート付近)に公衆トイレあり。タオルと水分、サングラス、スニーカー必須。ドローンフライト高度制限あり。

ダイヤモンドヘッドは観光客でごった返しているけど、ココヘッドは脱落ポイントもあり、時間によっては優雅な時間を過ごすことができます。アクティブにいい運動をしたい人はチャレンジしてみましょう。

高所恐怖症の人はやめておいたほうがいいかも。怖くて降りられなくなります。

ココヘッド山頂に続く、ケーブルカーのレール跡

山頂まで一直線ですが、小柄な人にはきつい不揃いの段差(ケーブルカーのレール跡)を登り続け、梯子のように下が見える箇所を抜けたら、まるでトドメを刺すように山頂に向かって更に傾斜がきつくなります。ダイヤモンドヘッドのように気軽に登れるものと思ってくると後悔すること間違いなし。傾斜と疲れから手も使ってよじ登ります。登りも降りもすれ違う人と自然と笑顔(=マジきついよね)を交わすのは、世界共通で「限界を超えると笑うしかない」が立証されていると言えるでしょう。お互いに声を上げてただただ大笑いする時もあります。

ダイヤモンドヘッドを見下ろす優越感

ハナウマベイも上から見下ろす優越感

登り切った後の絶景が全ての疲れを吹き飛ばしてくれます。ダイヤモンドヘッドを上から見下ろす優越感もたまりません。大変美しい景色ですが、目の前は断崖絶壁、落ちたら確実に死ぬ状況ですのでインスタ映え写真撮影の際にはくれぐれも「いのちだいじに」

オススメの時間は日の出から30分後〜2時間。日の出狙いの登山者を避けつつ、体力を消耗するほどの日差しになる前までの時間が人もそれほど多くなくて登りやすいと思います。

ポカイベイ

静かなポカイベイ。遠くにサーファーが見える。

入場無料、パスポート必須。トイレ、シャワーあり。米軍基地内のためドローンNG。

米軍基地の中にあるビーチのため、入るのにパスポートの提示が必要。そんな事情もあり治安は良く、観光客もほとんどおらず、静か。レンタカーを基地の外に駐車して入場。

サーフポイントのため、知る人ぞ知るサーファーのみが訪れる。今回訪れた時はハワイアン・モンク・シール(ハワイモンクアザラシ)が気持ちよさそうに泳いでおりました。

野生のウミガメ、アザラシを見つけたら絶対に近づいたり触ってはいけません。そっと眺めるだけにしましょう。絶滅危惧種保護法違反で罰せられます。

ノースショアの果て

ノースショアの観光マップ

無料。トイレ、シャワーどこまでもなし。空港近くと自然保護区のためドローンNG。

カナエポイントの山々
自然の広大さを感じるモクレイアロックビーチ

ノースショアからカエナポイントに向かう途中にビーチもありますが、レンタカーで突き当たりまで行くと、そこから先はハイキングのできる公園です。その手前まででも十分に美しい景色。眩しいくらいに爽やかなハイカーが多かったです。

透明度が高くてどこまで水があるのかわからないモクレイアロックビーチ

ハワイアン・モンク・シール(ハワイモンクアザラシ)、アホウドリ、クジラが見られることもあるそうです。野生生物のため出会えたらラッキー、出会えなくても美しい景色に十分満足できます。

荒野のようなカエナポイント

僻地すぎるので車の施錠や荷物には用心。雄大な大自然以外には本当に何もないので日中の明るい時間だけの観光がいいと思います。

ハナウマベイ

上空から撮影したハナウマベイ

入場料7.5ドル/人。トイレ、シャワー、更衣室、シュノーケルレンタル、ショップ、レストランあり。ハナウマベイの入場者ルールによりドローンNG。

入場するとハナウマベイの歴史から美しい海と生態系を守るためのルールを紹介するビデオを観ます。入場料金と注意事項の多さから訪れる観光客もどことなく品の良い感じ。

透明度の高い海で高台からでも魚が見えそうなハナウマベイ

さすがオアフ島No1.シュノーケリングスポット。すぐにいろんな海洋生物に出会えます。泳ぎが得意であればリーフに触らないように(ウニがたくさん潜んでいます)注意しながら湾の中央あたりまで出てみましょう。リーフの外に出るとまた違った生態系を見ることができます。泳ぎが得意な方はハートの中まで目指してみて。

事前に展望スポットから地形を確認してルートを決めておくと安心ですよ。

おすすめスポットを動画にまとめました。

空撮ブログ

※2019年3月時点の情報です。

DJI社のドローン、Mavic ProとPhantom 4 Pro V2.0を持ってハワイはマウイ島へ行ってきました。ハワイでドローンを楽しむために気をつけるところをご紹介します。

アメリカのFFAにドローンを登録・規制を遵守

アメリカでドローンを飛ばすにはまずは登録から。登録方法についてわかりやすくまとめられているサイトがいくつかあるので参考にしましょう。

<参考サイト>https://dronebangkok.live/2017/12/27/faa-drone-registration/

DJI社のドローンはフライト規制エリアではドローンがそもそも飛ばない設計で、規制エリアのアラートも出るようになっていますが、アプリで飛行可能エリアの確認もできます。

ただし、「アプリやマップ上の飛行可能エリア」と「そのエリアの管轄機関」では事情は違うため、飛ばしてはいけない場所もあります。日本だと「フライトマップでは問題なくてもドローン禁止の公園」みたいな。

バッテリーは預けずに手荷物で

実際は航空会社により対応まちまちなのですが、今回は往復ANAを利用したので、ANAの手荷物の条件をご紹介します。これはドローンに限らず、ビデオカメラなどの電子機にも共通します。

<参考サイト>https://contact-jp.ana.co.jp/app/answers/detail/a_id/6174

中川空撮隊はドローン専用ハードケースを使用しているため、本体は預けて予備バッテリーそれぞれ2個ずつを手荷物で機内持ち込みしました。問題ありませんでした。

余談ですが・・・

お土産でペーストやクリーム、液体状のものを機内持ち込みしようとして手荷物検査に引っかかり、荷物をパックし直してフライト時間ギリギリになっている観光客がいました。飛行機を利用する際は持ち込めるものと預ける荷物について事前に調べて荷造りすると空港で焦らなくて済みますね。

年々増えている観光地ドローンに注意

ドローンを飛ばすのが自分だけだと思わないことです。絶景観光地はドローンを飛ばしたい観光客が各国から集まっています。実際にマウイ島でもどこに行ってもドローン所有者と遭遇しました。

そんな時は・・・

①待つ。

ドローンのバッテリーは20分程度なので、先に飛ばしている人のフライトが終わるのを待ちましょう。焦らない焦らない。

②声を掛ける。

どこに飛ばしているのかターゲットを確認して、干渉しないエリアなら飛ばしていいか聞いてから飛ばすと仲良くなれるかも。

中川空撮隊はダイヤモンドヘッドでサーファー撮影中のローカルドローンパイロットに鯨と鯨の遊泳ルートを教えてもらって、ダイヤモンドヘッドから鯨を撮影することができました。

③見学する。

各国のドローン空撮の被写体の捉え方や飛ばし方を見るのも勉強になって楽しいですよ。「そうそう!その画撮りたいよね!!」なんて共感することもしばしば。目をキラキラさせて「見学させて〜!」ってドローンを見に来る観光客もいます。「もちろんだよ〜」とカメラの捉えてている映像や、ドローンがどこにいるか教えてあげると大変喜ばれますよ。

因みにドローンが飛び立つ時よりも、帰還する時の方が盛り上がりました。「ドローンが帰ってくるから気をつけて」と声をかけて着陸スペースを確保するのも大事です。

ドローン同士の事故を防ぐためにも、他のドローンがいないかの確認と目視飛行はマストだなと思います。